ABEMAの公式サイトはこちらから
1ヶ月無料でウマ娘が観れる!

ウマ娘

【ウマ娘】長距離Sは短距離Sとかより強い!効果量は同じでも最高速度で走れる距離の長さで違いが出る

投稿日:2021年10月27日 更新日:

 

ウマ娘_プリティーダービー

 

距離適性Sは短距離よりも長距離の方が受けられる恩恵が大きくなります。"ウマ娘"のレースでのシステム上、距離が長いほど恩恵を受けられるようになっています。

 

ゆえに、長距離のレースでは長距離Sの適性が正義となります。チャンミでは長距離Sがないと決勝で勝つのが難しいと思います。

 

【ウマ娘】得意率がよく分かる話|計算式、得意トレーニングへの出現率、固有ボーナスなどを解説!根性に得意率が不要な理由とは

    今回は得意率についてお話しします。まず、簡単に得意率についての説明をしてから、得意トレーニングへの出現率を求める計算式、得意率と得意トレーニングへの出現率の関係性について解 ...

続きを見る

 

【ウマ娘】速度が上がる直線スキルの強さを比較|効果量と持続時間の関係性から直線スキルを評価|ハヤテ一文字は地雷?

    この記事では、固有スキル以外の速度が上がる直線スキルの強さを比較してます。効果量と持続時間の関係性から直線スキルを評価してます。   固有スキルと違い発動条件はシ ...

続きを見る

 

距離適性Aと距離適性Sの比較

距離適性はスピード、バ場適正はパワー、脚質適正は賢さに影響しています。

 

距離適性Aは等倍で、距離適性がB以下になっていくと速度にマイナス補正が掛けられていきます。

 

そして、距離適性Aから距離適性Sに上がると、スピード値換算で約1.1倍の効果が得られることが解析情報で分かっています。

 

長距離S、スピード1000 ≒ 長距離A、スピード1100

 

今回は詳しく話しませんが、距離適性は速度だけではなく、加速度にも影響を与えています。

 

長距離ほど距離適性Sの恩恵が大きい

短距離と長距離のレース終盤の長さ

下の表は、短距離(阪神レース場1200m)と長距離(京都レース場3000m)での序盤・中盤・終盤の区間ごとの距離を現したものになります。

 

短距離(阪神レース場1200m)
序盤 中盤 終盤
200m 600m 400m

 

長距離(京都レース場3000m)
序盤 中盤 終盤
500m 1500m 1000m

 

今回の話ではレース終盤の長さがカギとなってきます。レース全体(序盤・中盤・終盤)の距離が長いほどレース終盤の距離も長くなります。

 

レース終盤の長さは、短距離(阪神レース場1200m)では400m、長距離(京都レース場3000m)では1000mとなり、比較すると600mの差があることが分かります。

 

長距離Sが短距離Sより強い理由

ここでは、スピード1200、パワー1100、賢さ450、適性はすべてA、スタミナは充分足りている、という前提条件のもと話を進めていきます

 

"ウマ娘"では、レースの序盤と中盤は速度を抑えて走っています。そして、レース終盤に入ると加速していき、最高速度で走ることができるようになります。

 

レース終盤に入って加速し始めてから最高速度に達するまでの距離は、1200mの時だと約231m、3000mの時だと約208m必要となります。

 

1200mの時は、レース終盤の長さが400mで最高速度に達するまでの距離が231m必要となるので、最高速度で走れる距離は169m

 

3000mの時は、レース終盤の長さが1000mで最高速度に達するまでの距離が208m必要となるので、最高速度で走れる距離は792m

 

1200mの時は、最高速度で走れる距離が169mしかないのに対し、3000mの時は、最高速度で走れる距離が792mあります。

 

つまり、1200mの時はスピードの値を高くしても最高速度で走れる距離が短いので3000mの時よりも恩恵が少ないことになります。

 

距離適性Aから距離適性Sにするとスピードの値が補正されるので、上の考え方から1200mよりも3000mの時の方が恩恵が大きくなります。ゆえに、短距離Sよりも長距離Sの方が最高速度で走れる距離が長くなるので強いと言えます。

 

短距離A → 短距離Sと長距離A → 長距離Sは、スピード値換算で約1.1倍の効果が得られるという点では同じです。あくまでも最高速度で走れる距離の違いによって強弱が出てくるという話です。

 

"ウマ娘"ではスタミナが足りないときなどを除くと、スピードの値が高いほど最高速度が速くなります。

 

以上のことから、長距離のレースにおいては、長距離Sがないとかなり厳しいと言わざるを得ないです。ステータスが同じぐらいでも、自分が長距離Aで相手が長距離Sだったとしたら、かなりの不利を被ることになります・・・

 

短距離より長距離の方が最高速度に達するまでの距離が長い理由

ここでは、スピード1200、パワー1100、賢さ450、適性はすべてA、スタミナは充分足りている、という前提条件のもと話を進めていきます

 

レース終盤に入って加速し始めてから最高速度に達するまでの距離は、1200mの時だと約231m、3000mの時だと約208m必要となりますが、どうして違いが生じるかについて説明したいと思います。

 

簡単に言うと、1200mの時の方が加速前と最高速度に達した時の速度差が高くて、3000mの時の方が低いためです。

 

1200m
加速前の速度 最高速度 速度差
20.761m/s 25.234m/s 4.473m/s

 

3000m
加速前の速度 最高速度 速度差
18.964m/s 23.325m/s 4.361m/s

 

1200mの時は、20.761m/sから加速して25.234m/sまで速度が上がり、速度差が4.473m/sとなります。それに対して、3000mの時は、18.964m/sから加速して23.325m/sまで速度が上がり、速度差が4.361m/sとなります。

 

この速度差(加速前と最高速度の差)が、最高速度に達するまでの距離の長さに影響をしています。

 

チャンミではどの距離でも距離適性Sが必要

長距離Sが一番強いというお話をしましたが、チャンミではどの距離でも何だかんだ距離適性Sが必要です。長距離以外の距離適性はSにしなくてよい、という事ではありません。決勝で勝ちたいなら距離適性Sを付けた方が良いと思います。

 

距離適性Sの他に、緑スキルの右周り◎ or 左周り◎と秋ウマ娘◎などの季節ものがあれば理想的と言えます。

 

必要なスタミナ量の確保、最高速度の高さ、この二点を気を付ければレースで勝てる確率が高くなるはずです。もちろん"パワー"と"賢さ"も軽視できません。根性もある程度は。

 

大衆車ではなくフェラーリを目指しましょうw 大衆車では最高速度が遅いので、レースで勝てません。

 

ただ、言うのは簡単ですが、「あげません」されるので育成ハードルはかなり高いです。

 

ゲーム版"ウマ娘"では、スピードは最高速度、パワーは加速力を意味しています。パワーは位置取りにも影響してます。

 

(C) Cygames, Inc. All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、
その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。







-ウマ娘

Copyright© ぽいぽいブログ , 2021 All Rights Reserved.